伍代夏子

伍代夏子


■伍代夏子(ごだい なつこ)

 

□肩書き

 歌手

 

□本名

 中川輝美

 

□旧芸名

 加川有希

 中川輝美

 

□生年

 1961(昭和36)12.18(射手座/A型)

 

□出身地

 東京都渋谷区

 

□出身校

 鴎友学園女子高校

 

□略歴

 87年(26歳)伍代夏子の芸名で「戻り川」で再々デビュー。

 90年(29歳)紅白歌合戦初出場。

   ※主な出演など:

  テレビ「コメディーお江戸でござる」「ごきげんよう」「徹子の部屋」

  楽曲「忍ぶ雨」「恋挽歌」「恋ざんげ」

  

□趣味

 パソコン 人形制作 ガーデニング パチンコ

 散歩 写真 旅行 ドライブ 

 

□特記事項

・夫は杉良太郎


■伍代夏子

 

□幼少時代〜

・実家は魚屋「市六水産」(代々木八幡)。

・2人姉妹の次女。

・よく父親から怒られた。

・子供の頃、人前に出るのが大嫌いだった。

   仮病を使ってよく学校を休んだ。

 学級委員になった時に登校拒否寸前になった。

・子供の頃から演歌が大好きだった。押入の中でこっそり練習した。

 オーディション番組への応募ハガキを書いたが人前で歌うのが怖くて投函しななかった。

・中学時代、卓球部。

・高校は女子校。

・高校時代、おしゃれにめざめて子供の頃からの貯金をあっという間に使い果たした。


■伍代夏子

 

□私生活

・好物…寿司。ラーメン。そば。餃子。牛タン入りつくね。

 舟納豆。ビワ。桃。ほうじ茶。

・嫌いな食べ物…カキ(生ガキに当たった事がある)。にんじん。レンコン。

・得意料理…自家製ジャム(ブルーゼリー、栗)。

・手書きのレシピを食材ごとにファイリング。

・よく食べ物を大量にお取り寄せをする。

・自宅に冷蔵庫が4台ある。

・業務用の調理器具がたくさんある(合羽橋で購入)。

・健康法…ホットトマトジュース。

 ほうれん草、大葉、パセリ、豆乳のジュース(むくみやすい体質が改善)。

 ウォーキング。

・間質性肺炎で1ヵ月静養(=94年)。

・33歳頃からC型肝炎を患っていた(約1年半の治療で完治)。

・喉のジストニア(けいれん性発声障害)を患っている(=21.06現在)。

・花粉症。

・皮膚科でシミをレーザーで除去する。

・運動神経に自信がない。

・松ぼっくり、栗、木の実を加工して人形を作る。

・好きな色…黒。赤。

・好きな花…カトレア。

・自分の歌詞のインプットから始めてパソコンにはまった。

・着物は仕事の時しか着ない。ジャージで外出する事がある。

・自宅のルーフガーデンでブドウ、シイタケなどを栽培。

・住んでいる所…東京都渋谷区(=04.05現在)。

・別荘がある所…青森県・下北半島(人里離れた山奥、敷地内に果樹園・鮭が獲れる川、

 建物にアトリエ・天然温泉=19.02現在)。

・いきつけ…イタリア料理「ムゼオ」(港区西麻布)。

・カジュアルな服が好き。渋谷109で洋服をよく買う。迷彩柄が大好き。

・アマガエルが好き。

・写真が大好き。

 どこに行く時も一眼レフカメラを持って行く。

 ウォーキング中に気になった風景を写真に撮る。

 代々木公園や新宿御苑でよく鳥を撮る。

 鳥を撮る時に気配を消して2時間待ち続ける事がある。

 ※初の写真展を開催(=21年)

・げんかつぎが好き。

・自宅(実家)が空き巣被害(現金・貴金属等を盗まれた、被害総額300万円=93年)。

・せっかちな性格。

・男っぽい性格。「竹を割ったような性格」とよく言われる。

・ひとりでパチンコ屋や立ち食いそば店に行く。

・ハワイでパラセーリングをやった事がある。

・ワリカンが苦手。つい自分で払ってしまう。

・歌唱印税を事務所社員の社員旅行に使う(年1回)。

・両親と姉夫婦が同じビルに住んでいる(=17.03現在)。

・両親は夫と仲が良い。

 夫婦喧嘩をすると夫が両親に意見を訊きに行く。

・ペアのコーヒーカップをプレゼントした事が夫との交際のきっかけ。

 深い意味はなかったが夫は「一緒にコーヒーを飲みたい」という意思表示だと勘違いした。

・ほとんど交際期間なしで結婚した。

・夫を「良ちゃん」と呼ぶ。

・夫は家事を手伝ってくれる(食事を作ってくれる)。

・独身時代は殆どテレビを見なかったが夫の影響で相撲やニュースを見るようになった。

・夫が石だけで指が隠れてしまう何千万円もする指輪を買ってくれた事がある。

・ベトナムに夫の里子が約150人いる。


■伍代夏子

 

□人間関係

・香西かおり、坂本冬美、長山洋子、藤あや子

 …友人。よく5人で一緒に遊ぶ。

 坂本の自宅でコスプレカラオケ、ゴルフ、温泉など。

・堀内孝雄…友人。

・平松政次…デュエット曲「夜明けまでヨコハマ」をリリース(=85年)。

・古舘伊知郎…デュエット曲「男と女のはしご酒」をリリース(=87年)。

・綾小路きみまろ…伍代のショーに専属ゲストとして6年間出演。

・五大路子…よく間違えられる。

・八代亜紀…憧れている歌手。

 初めて挨拶した時に八代に「一緒にがんばりましょうね」と言われて観劇。

・森進一…前座歌手時代に声をかけて貰って世話になった。不倫交際を噂された。

・杉良太郎…99.12.24入籍、00.04.02挙式。17歳年上。

 99.07.09ツーショットで交際宣言。

・子供:

 長男…山田純大。俳優。※杉良太郎の連れ子


■伍代夏子

 

□エピソードなど

・高1の時、渋谷の公園通りでスカウトされてモデル事務所に入った。

 スカウトされる為に公園通りを何度も往復した。

・高校卒業後、事務員兼任でセンチュリーレコードのレッスン生になった。

   デビューするまでの6年間毎日お茶くみと電話番をやった。月給63000円。 

・中華料理屋でアルバイトをした事がある。

・加川有希の芸名で「夜明けまでヨコハマ」でデビュー(=85年)。

・デビュー当時、たくさんの人に会うストレスで円形脱毛症になって胃腸障害を患った。

 人見知りする自分を隠してふるまうのがストレスだった。

・中川輝美の芸名で「夢きずな」で再デビュー(=86年)。

・中川輝美としてキャンペーンをしていた時、

 突然「人類皆兄妹、ここにいる人は全部親戚」と思えるようになった。

 それ以降全て前向きに自分に都合よく考えるようになった。

・芸名「伍代」は尊敬する「五木ひろし」「八代亜紀」から1文字づつ貰った。

・伍代夏子として再々デビューした時に日本全国でキャンペーンで廻った。

 昼はレコード店、夜はスナックを1日7〜8ヵ所。「手売りの女王」と呼ばれた。

・レコードを100枚予約してくれたレコード店で歌うキャンペーンを行った。

 キャンペーンタイトルは「呼んで下さい、歌います」。

・再々デビュー曲「戻り川」は演歌としては異例の40万枚のヒット。

・ステージでおひねりとして100万円を手渡された事がある(額が大きすぎるので返却)。

・生ガキに当たってふらふらの状態でリュージュの体験実況リポートをやった事がある。

・新宿コマ劇場で毎年座長公演(芝居と歌の2部構成)。

・ドラマ「霧の橋」に出演(=98年)。

・ポップス調のシングル「都忘れ」のジャケット写真でドレス姿を披露(=02年)。

 デビュー16年目で初めて着物以外の衣装。

・日韓親善チャリティーコンサート「遅すぎた祭典」で夫婦共演(夫が企画=02年)。

・新曲「夜桜迷い子」で7年ぶりの全国キャンペーン(=03年)。

・テレビ「お江戸でござる」に準レギュラー出演。

・CM「加ト吉の冷凍食品」に出演。

・自宅を「誰だって波瀾爆笑」で公開(=12年3月11日放送分)。

・夫と一緒に様々なボランティア活動に従事。

・レコーディングは納得できるまで何度でも歌う。

凡例:20.01現在=2020年1月現在