伊東四朗

伊東四朗


■伊東四朗(いとう しろう)

 

□肩書き

 芸人 俳優  

 

□所属グループ

 てんぷくトリオ

 

□本名

 伊藤輝男

 

□旧芸名

 伊藤証

 

□別名

 ベンジャミン伊東

 

□生年

 1937(昭和12)06.15(双子座/O型)

 

□出身地

 東京都台東区台東町

 

□出身校

 市ヶ谷商業高校

 

□略歴

   83年(46歳)朝ドラ「おしん」出演。

 92年(55歳)映画「ミンボーの女」出演。

 97年(60歳)テレビ「伊東家の食卓」出演。

 ※他の主な出演:

  舞台 「アパッチ砦の攻防」「いい加減にしてみました」「伊東四朗一座」

  ドラマ「私の青空」「笑ゥせぇるすまん」「十津川警部シリーズ」

  テレビ「九ちゃん!」「てなもんや三度笠」「見ごろ! 食べころ! 笑いごろ!」

  ラジオ「伊東四朗のあっぱれ土曜ワイド」「伊東四朗 吉田照美 親父熱愛」

  CM  「ヤクルト タフマン」「キリン ラガービール」

 

□趣味

 読書 映画観賞 ゲーム メジャーリーグ観戦 テニス  

 

□特技

 ギター

■伊東四朗

 

□幼少時代〜

・実家は洋服屋。

・父親は洋服の仕立て職人。

・父方の先祖は平家の末裔。

・5人きょうだいの4番目。兄が2人、姉が1人、妹が1人いる。

 一番年が近い兄と6歳離れているので相手をして貰えなかった。

・下町で生まれ育った。

・父親は典型的な頑固親父だった。

・家は裕福ではなかった。

 家賃が払えずなくて何度か一家で夜逃げをした。

・子供の頃、家の手伝いでごはんを薪で炊いた。

・子供の頃、外で遊ぶのが好きだった。

・子供の頃、13歳年上の兄に連れられて浅草や有楽町の芝居を観て歩いた。

・子供の頃、検便を忘れて犬のウ○コを提出して大騒ぎになった。

・小学校時代、早めに登校して「開門!」と叫んで用務員さんに門を開けて貰っていた。

・小学校時代、遠足の帰り道で家まであと少しという所でウ◯コを漏らしてしまった。

・小学校時代、自宅近辺に空襲が来て家族で手を繋いで上野の山に逃げた。

・小2の時、静岡県掛川市に縁故疎開。

 転校当初は「東京弁が生意気だ」といじめられたが、

 休み時間に歌手や芸人のモノマネをして次第に人気者になった。

・小3の時、転倒したトロッコの車輪にひかれて顔面を大怪我。

 骨まで達する重傷。あと3㎝で失明だった。

 ※大人になった後も左頬に傷痕が残っている

・小4の時、兄がやっていた素人芝居に子役で出演。

・中学時代、英語部。文化祭で英語劇の主役。

・高校時代、音楽部。

・高校時代、文化祭で佐々木邦のユーモア小説を脚色して上演、好評を得た。

・高校時代、押し入れで寝ていた。

・スピードスケートをやっていた。

・25歳の時、実家を出てひとり暮らしを始めた。


■伊東四朗

 

□私生活①

・好物…そば。塩やきそば。エビマカロニグラタン。

 ちゃんこ鍋。里芋のみそ汁。熟成ハム。

 鱈の塩焼き。カツオのたたき。赤貝の刺身。

 しらすおろし。冷奴。黒豆。明太子。

 納豆(米麹を入れて数日寝かせてから食べる、毎日食べる)。

 自家製漬物。じゃがいも。アスパラガス。カマンベールチーズ。

 入山せんべい。自家製あられ(おもちを切って作る)。

 甘いもの(ようかんやどら焼きを酒のつまみにする)。

・嫌いな食べ物…ハンバーグ。すっぽん。かぼちゃ。さつまいも。

 果物(特に桃、スイカ)。

 フランス料理(いつが終わりがわからないのが嫌)。

・カレーライスはポークカレーしか食べない。

・酒が好き。好きな酒は焼酎。週に2日は休肝日。

・29歳の時に禁煙した。

・健康法…玄米(その日食べる分を精米して食べる)。なるべく階段を使う。

 ウォーキング(多い時は8㎞歩く、歩きながら台詞を反芻)。

・健康器具を多数購入(その殆どは使っていない)。

・尿菅結石を4回患った(=14.01現在)。

・ピロリ菌を除菌した事がある。

・若い頃に膝の十字靱帯を断裂した。

   後遺症でドクターストップが出て2年間テニスをしていない(=12.01現在)。

・寝る時に下着を付けない。

・変わった夢をよく見る。低い所を飛ぶ夢、拳銃で打たれる夢、など。

・寒がり。

・極度の高所恐怖症。飛行機が嫌い。

・ストレスが溜まらない。


■伊東四朗

 

□私生活②

・料理以外の家事をよくする。

 家事をするのはあたりまえだと思っている。

・洗濯機が働いているのを見ているのが好き。

 「やるじゃねぇか。俺が見てなくてもやるのか?」と思って見る。

・好きな作家…西村京太郎。

・クラシックから歌謡曲まで幅広く音楽を聞く。

・「芸人モノの映画」に弱い(泣けてくる)。

 泣ける映画は恥ずかしいので家でひとりで観る。

・家族全員で入れるように自宅の風呂を大きく造ったが、

 子供が大きくなってひとりで入るようになり、広すぎて冬は寒い。

・好きな映画…

 「ファンタジア」(18歳〜19歳の頃に映画館で30回観た)。

 「略奪された七人の花嫁」。

・台詞を覚えるのが得意。

 記憶力の活性化の為にいろいろなモノを暗記する。

 円周率(1000桁)、国名、アメリカの州、明治以前の日本の68州、

   メジャーリーグのチーム、百人一首、五輪開催年などを暗記。

・買った事を忘れて同じ本を2回買ってしまった事が何度もある。

・家の中で携帯電話をどこに置いたか忘れてしまう(電話をかけて呼び出し音で探す)。

・妻の手編みのセーターを愛用。

・普段はジーンズなどカジュアルな服を着る。

・ペット…シーズー犬(=01.09現在)。

・初めてひとり暮らしをした部屋の家賃は6000円(6畳)。

・結婚当初は6畳ひとまのアパートに住んでいた。


■伊東四朗

 

□私生活③

・いきつけ:

 吉祥寺の東急デパート(開店以来通っている、妻と一緒に食料品売り場をよく利用)。

 ダイニングバー「ren」(吉祥寺、妻と一緒に行く)。

・携帯用のウォシュレットを愛用。

・カラオケの十八番…三橋美智也。

・レンタルDVDを利用しない。見たい作品は購入する。

・普段電車で移動する。パスモを愛用。

・財布を持ち歩かない。現金は鞄に直接入れる。

 現金はマッサージ代程度しか持ち歩かない。

・自動販売機やATMの操作が苦手。

 ATMで11万円下ろそうとして「110000」「万円」と何度も押して係員が出てきた。

・アンチ巨人。

・白バイと競争してスピード違反で捕まった。

・サウナに閉じ込められて死にかけた事がある。

・宝くじを10人でグループ買いして100万円が当たった事がある。

・ホテルの人に「話のネタにどうぞ」と勧められて

 天皇陛下が滞在した部屋に泊まった事がある。

  じゅうたんの厚さが尋常でなく足がくるぶしまで埋った。

・グアムで知らない人に「コカインあるか?」と話しかけられた事がある。

・カラオケの十八番…アメリカンポップス。

・家ではほとんど喋らない。

・姉は社会科教師。

・よく家族旅行に行った。

・子供の学校行事に極力参加した。

・子供のマーチング・パレードを見ているとなぜか泣けてくる。

・次男・孝明から父の日に貰った「なんでも券」を保存してある(=07.05現在)。

・次男・孝明の初めてのアルバイト(ガソリンスタンド)をクルマから隠し撮りした。

・テニスが大好き。

 55歳から75歳頃まで妻と一緒にテニスをやっていた。

 60代の時に1日8時間プレイした。お互いに膝を痛めてリタイア。


■伊東四朗

 

□人間関係

・所ジョージ…親友。「トコちゃん」と呼ぶ。笑うツボが同じ。

・角野卓造、佐藤B作、あめくみちこ、松金よね子

 …友人。飲み友達(西荻の会、会長は伊東)。

 人の悪口を肴に飲む。最後はカラオケに行く。

・小松政夫…友人。自宅に何度も遊びに来た。

 テレビ「見ごろ! 食べころ! 笑いごろ!」で共演、

 一緒に「しらけ鳥音頭」「デンセンマンの電線音頭」を歌った。

・結城貢…友人。鹿児島の焼酎をくれる。

・三宅裕司…舞台「いい加減にしてみました」で共演。

 三宅は伊東のファン。

 お互いに落語好きだったので初めて会った時から呼吸があった。

・渡瀬恒彦…ドラマ「十津川警部シリーズ」で長年共演。

・吉田照美…ラジオ「伊東四朗 吉田照美 親父熱愛」で長年共演。

・布施博、三宅健、五月みどり、RIKACO…テレビ「伊東家の食卓」で共演。

・小林綾子…ドラマ「おしん」で親子役で共演。

・小林幸子…子役だった小林とバラエティ「九ちゃん!」で共演。

・林家ペー…ギターの弟子。

・小堺一機…市ヶ谷商業高校の後輩。

・三波伸介、戸塚睦夫、伊東四朗…てんぷくトリオのメンバー。

 73年に戸塚の他界でトリオ消滅、82年に三波が他界。

・井原高忠…テレビ「九ちゃん!」プロデューサー。

 井原にコメディアンとして鍛えられた。

 井原がコメディアンの心得を書いてくれた台本を今でも持っている(=19.09現在)。

・西田敏行…よく間違われる。

・小泉今日子、薬丸裕英、前田健…伊東のファン。

・石井均…師匠。58年に石井均一座・笑う仲間に参加。

・妻…66年結婚。

・子供:

 長男…67年誕生。レストランバーを経営。

 次男…伊東孝明。71.05.04誕生。俳優。伊東の舞台を必ず観に来る。

 長女。

 三男…ドラマー。

 ※孫が3人いる(=14.11現在)


■伊東四朗

 

□エピソードなど

・高校卒業後、就職に失敗してアルバイトで生活。

 早稲田大学の生協で牛乳やパンを販売(時給30円)。

 東京大学の食堂でラーメンを作った。

 学生服を着てこっそり講議を受けた。

・若い頃、はとバスツアーに紛れ込んで歌舞伎座で芝居を観た。

・若い頃、スタッフになりすまして劇場に入ってタダで舞台を観た。

・若い頃、雨漏りがするアパートに住んでいて畳からキノコが生えてきた。

・軽演劇の舞台を連日観劇して「出てみるか?」と声をかけられて舞台に出るようになった。

・ストリップ劇場の幕間のコントをやっていた。

・テレビ「笑点」で座布団運びを代役で1回だけやった事がある。

・てんぷくトリオを結成(=62年)。

・総理大臣がいる宴席の営業をした事がある。

・映画「ルパン三世 念力大作戦」(実写版)に銭形警部役で出演(=74年)。

・テレビ「見ごろ! 食べころ! 笑いごろ!」に「ベンジャミン伊東」の名前で出演。

 「どうせ長続きしないだろう」と思って自分で滅茶苦茶なキャラクターを作った。

 観覧に来ていた次男と一緒に踊った(小松が知らずに指名=77年2月28日放送分)。

・フケ顔だったので若い頃から年配の役を演じていた。

・ドラマ「おしん」は基本的に音楽同録だった。

・ドラマ「おしん」でおしんをぶつシーンは実際にぶった。

 自宅に来た視聴者に「おしんをいじめるな」と言われた。

・ドラマ「おしん」のおしんとの親子別れのシーンは小林綾子と別日収録だった。

・ドラマ「おしん」の平均視聴率52.6%、最高視聴率62.9%は日本のテレビドラマ最高記録。

・丹波哲郎のモノマネができる。

・「伊東家の食卓」の裏技をオンエア前に家族に見せて自慢する。

・自分は「喜劇役者」だと思っている。1年に1回は喜劇の舞台に出たい。

・リハーサルの時に相手の目を見て、両手を使いながら台詞を言いたいので、

 リハサールまでに台詞を完璧に覚えておく。

・ドラマ「理想の結婚」で次男・貴明と親子共演(=97年)。

・某女性誌の理想のお父さんランキングで第1位(=97年)。

・自宅を「誰だって波瀾爆笑」で公開(=14年11月16日放送分)。

・自分のギャラの額を知らない。

・ラジオの生放送番組に35年以上出演。

 「伊東四朗のあっぱれ土曜ワイド」84年〜96年

 「伊東四朗 吉田照美 親父・熱愛」97年〜

凡例:20.01現在=2020年1月現在