仰木彬

仰木彬


■仰木彬(おおぎ あきら)

 

□肩書き

 プロ野球選手(67年引退)

 プロ野球指導者

 

□所属

 西鉄ライオンズ(54年〜67年)※現役

 近鉄バファローズ(88年〜92年)※監督

 オリックス(94年〜01年, 05年)※監督

 

□本名

 仰木彬

 

□生年

 1935(昭和10)04.29(牡牛座/A型)

 

□没年

 2005(平成17)12.15(享年70)

 

□出身地

 福岡県中間市

 

□出身校

 福岡県立東筑高校

 

□略歴(満年齢)

 54年(19歳)西鉄ライオンズに入団。

 88年(53歳)近鉄バファローズの監督に就任。

 94年(59歳)オリックスブルーウェーブの監督に就任。 

 

□趣味

 美術観賞 散歩 ゴルフ

■仰木彬

 

□幼少時代〜

・父親は戦死。

・高校は毎年約10人が東大に合格する県内屈指の進学校。

・高校時代、家から学校まで8㎞を走って通学。

・東築高校には「川筋者」と呼ばれる気性が荒い人がたくさんいた。

・高校時代、女子に大人気。他校に追っかけがいた。

 高倉健(高校の4年先輩)よりモテた、という逸話がある。

・高校時代、九州大会開催中に大切にしていた腕時計を盗まれた。

 母親がなけなしのお金をはたいて買ってくれた時計。

 野球部の仲間が300円づつ出して新しい時計を買ってくれた。

・高校時代、主将兼エースとして甲子園に出場(初戦敗退)。

 県予選で宿舎で食べたカレーライスにあたってお腹を壊したが、

 痛みに耐えて決勝を投げ抜いて創部以来初の甲子園出場。


■仰木彬

 

□私生活

・好物…寿司。ワッフル。

・酒が好き。酒豪。

・住んでいる所…福岡県小倉市。

・子供はいない。

・妻は野球に全く関心がない。

 優勝のハワイ旅行に行きたがらない。 

・若い頃は女性が大好きだった。

■仰木彬

 

□人間関係

・金村義明…友人。飲み友達。

・高倉健…高校の4年先輩。

・野茂英雄…ドラフト会議で8球団競合で野茂をひきあてた。

・イチロー…変則的な振り子打法を認めて素質を開花させた。

・パンチ佐藤…芸能界の方が向いていると直感してパンチに転身をすすめた。

・森祇晶…犬猿の仲と噂された。

・長嶋茂雄、野村克也、杉浦忠…同学年。

・仰木彬、高倉照幸、中西太、稲尾和久、

 豊田泰光、大下弘、川崎徳次、三原脩

 …西鉄ライオンズ所属(移籍・引退・監督を含む)。

・小宮悦子…憧れている芸能人。

 小宮がゲストで来た時に試合中に放送ブースにあがって食事に誘った。

・妻…?年結婚。


■仰木彬

 

□エピソードなど

・プロ入り後、セカンドに転向して2年目からレギュラー。

・西鉄ライオンズの黄金時代のメンバー。

 球史に残る58年日本シリーズ(3連敗4連勝)を戦った。

・現役時代の打順は7番や9番が多かった。

・自分が夜中に飲みにいくので選手に門限を課さない。

・一般サラリーマンに「上司にしたい男性」のナンバーワンに選ばれた。

・還暦祝いに選手から真っ赤なグラウンドコートを貰った。

・「球界の宣伝部長」を自認して様々な新しい試みにチャレンジ。

 「イチロー」「パンチ」などの「グランドネーム」を導入。

 オープン戦のスタメンをファン投票で決定。

・大胆な采配を「仰木マジック」と呼ばれた。

・選手の長所を伸ばすように心がけていた。

・日本シリーズに3回出場して1回優勝。

 ※近鉄監督として1回、オリックス監督として2回

凡例:20.01現在=2020年1月現在