五木寛之

五木寛之

■五木寛之(いつき ひろゆき)

 

□肩書き

 作家

 

□本名

 松延寛之

 

□生年

 1932(昭和07)09.30(天秤座/B型)

 

□出身地

 福岡県八女市

 

□出身校

 福岡県立福島高等学校

 早稲田大学文学部露文科抹籍(=57年)

 

□略歴(満年齢)

   66年(34歳)「さらばモスクワ愚連隊」で小説現代新人賞を受賞。

 67年(35歳)「蒼ざめた馬を見よ」で直木賞を受賞。

 76年(38歳)「青春の門・筑豊編」で吉川英治文学賞を受賞。

 ※他の主な作品:

  「四季・奈津子」「大河の一滴」「親鸞」

 

□趣味

 音楽 旅行 クルマ


■五木寛之

 

□幼少時代〜

・実家は農家(八女茶を栽培)。

・父親は国語教師。

・母親は教師。

・長男。弟、妹がいる。

・田植えや稲刈りを手伝った。

・子供の頃、正月に父親から詩吟の特訓を受けた。

・小学校時代、模型飛行機作りが大好きだった。

・小学校時代、夏はプールで泳ぎ、冬はスケートをして遊んだ。

・12歳の時、終戦後に当時住んでいた平壌の家を家財道具ぐるみでソ連に接収された。

 母親は他界して父親は呆然としていたので生活の為に同世代の仲間と色々危ない事をした。

 ロシアの高級将校宿舎に毎日物乞いに行き、顔を覚えて貰って雑用を手伝って食料を貰った。

・野球、剣道、テニスをやっていた(どれも上達はしなかった)。

・小学校を4回、中学校を3回転校。

・中学時代から酒やタバコをやっていた。

・中学〜高校時代、長い距離を歩いて通学した。

・中学〜高校時代、八女茶の行商のアルバイト。

・高校時代、新聞部。

・高校時代、夏休みに自転車で木炭三俵を運んだ。

・入学金と前期の授業料だけ親に出して貰って毛布1枚を抱えて上京した。

 上京当初はホームレスだった(大学の近所の床下で寝た事があった)。

・大学時代、中央線沿線でサンドイッチマンのアルバイト。

・大学時代、住み込みで業界紙配達のアルバイト(自転車で都内各所に配った)。

・大学時代、10円の電車賃がなくて歩いて移動した事があった。

・大学時代、食費を得る為に売血をした。

 200c.cを2回抜くと1週間分の食費になった。

・授業料滞納で大学を抹籍。


■五木寛之

 

□私生活

・好物…韓国のり。八女茶。メロンパン。

   しずく茶(地元・八女市のお茶、お茶として飲んだ後で葉を食べる)。

・しっかり食べるのは夕食だけ。

   夕食以外に適宜サンドイッチ、ケーキ、そばなどの軽食を摂る。

・酒が弱い(体質的にアルコールに弱い)。

 ワインをグラスに半分が限界量。

・健康法…ネパールの岩塩(舐めると気持がしゃきっとする)。散歩。

・約5年前から左脚に痛みがある(=15.10現在)。

・60歳の頃に初老性鬱になった。

・偏平足。

・新型コロナウイルスによる外出自粛中に夜型の生活を朝型に変えた。

 以前は夜中の0:00から明け方まで執筆、

 執筆後に入浴してバスタブで新聞や本を読んでから寝ていた。

・長風呂が好き。

 雑誌や本を読みながらゆるめのお湯に1〜2時間入る。

・洗髪が嫌い。年に数回しか洗わない。

・1932年製の腕時計を愛用。

・靴が大好き。

・ペット…犬(=98.03現在)。

・金沢に住んでいた。

・歩く事が好き。

・仏教史に興味関心がある。

 休筆中に京都の龍谷大学で学んだ。

・動体視力の衰えを自覚して60代でクルマの運転をやめた。

・ホテル、喫茶店が好き。

 世界各地のホテル、喫茶店に行った事がある。

・石段が好き。

・日本全国の1000箇所の町や村を訪れる事を目標にしている。

   ※約900箇所を達成(=18年現在)

・手紙を書くのが大の苦手。

・父親は50代で他界。

・毋親は40代で他界。


■五木寛之

 

□人間関係

・五木ひろし…五木ひろしのシングル「ふりむけば日本海」を作詞(=05年)。

・鈴木紗理奈…五木寛之作品の愛読者。

・松坂慶子…交際を噂された。

・妻…精神科医、画家。?年結婚。

 

□エピソードなど

・業界誌編集長、ラジオ番組制作、CMソング作詞、構成作家の経験がある。

 TBSラジオの歌番組の構成をてがけた。

・テレビ「遠くへ行きたい」に6回出演(いずれも1971年)。

・原稿用紙に万年筆で書く。

 書けない漢字は適当に崩してそれらしい形にしておく。

・旅先のホテル、喫茶店、新幹線の中などどこでも原稿を書く。

・全国各地で講演活動。

・日刊ゲンダイにコラム「流されゆく日々」を42年間毎日連載。

 ストックはしない(前日に書いたものが翌日掲載)。※18年現在

・週刊新潮にコラム「生き抜くヒント」を連載。

凡例:20.01現在=2020年1月現在