乾貴美子

乾貴美子


■乾貴美子(いぬい きみこ)

 

□肩書き

 タレント 女優

 

□本名

 乾貴美子

 

□生年

 1975(昭和50)06.13(双子座/A型)

 

□出身地

 東京都

 

□出身校

 立教大学文学部心理学科

 

□略歴(満年齢)

 96年(21歳)テレビ「ニュースステーション」お天気キャスター。

 00年(25歳)テレビ「1億3千万人のテレビ人間ドッグ!」メイン司会。

 00年(25歳)舞台「プロパガンダ・デイドリーム」出演。

 ※他の主な出演:

  テレビ「ほんパラ!関口堂書店」「新 真夜中の王国」「素敵な宇宙船地球号」

  ラジオ「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」

 

□趣味

 読書 映画観賞 写真鑑賞 観劇 将棋


■乾貴美子

 

□幼少時代〜

・ひとりっ子。

・両親が共働きでおばあちゃん子だった。

・当日急に行きたくなくなって友達と約束をよくドタキャンした。

・「暗記力がアップする」と信じて水泳帽を被って勉強していた。

・中学〜高校時代、毎日深夜まで自分の部屋でテレビを見ていた。

・高3の時、テリー伊藤が経営するテレビ番組制作会社でアルバイト。

 バラエティ番組の放送作家になりたいと思っていた。

・早く働きたかったが、親や親戚の手前、通っていた証拠を残す為に大学を卒業した。

・大学の卒論のテーマは「喜怒哀楽における表情認知の差異」。


■乾貴美子

 

□私生活

・好物…餅(一年中食べたい)。梅干し。納豆。ニンニク。

・嫌いな食べ物…コーヒー。

・梅干しを自分で漬ける。

・薬が苦手。薬を飲むと逆に体調が悪くなる事が多い。

・左利き。

・泣き上戸。

・健康法…エアロビクス。

・テレビを見るのが好き。

・好きな作家…内田春菊。

 鼻緒モノ収集(下駄、草履、わら しなど)

・結婚するまで実家に住んでいた。

・夜中にコンビニで衝動買いをするする事がある。

・東京五輪のボランティアに応募したが面接の日時が合わなかった。

・高校時代の親友3人と卒業後も仲が良い。

・人にプレゼントをするのが好き。

 6時間かけて池袋、新宿、渋谷を廻って菓子折りを選ぶ事がある。

・「人としてダメな部分」に妙に魅かれてしまう。

・好きなタイプ…小太りのインテリ。


■乾貴美子

 

□人間関係

・久米宏…「ニュースステーション」で共演。

 最初の1週間、毎日2時間マンツーマンで久米から基本的な事の特訓を受けた。

・鴻上尚史…舞台「プロパガンダ・デイドリーム」の演出家。

・高田文夫、春風亭昇太…ラジオ「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」で共演。

・柴田理恵…憧れている芸能人。

・宮崎哲弥…好きなタイプ。

・夫…レコード会社勤務。03年2月入籍。

 渋谷でナンパされて知り合って5〜6年友人だったが交際1ヵ月で入籍。

 入籍する時に戸籍を見るまで正確な年齢を知らなかった。

・子供:

 長女…06.01.26誕生。

■乾貴美子

 

□エピソードなど

・「週刊朝日」の表紙モデルでセミヌードを披露(篠山紀信撮影=94.08.12号)。

・「ニュースステーション」の初中継の時、本番で雨が降ってきて悔し泣き。

・ホームページ「乾貴美子の見るだけで縁起がよくなるページ」を自作、多い時は1日3回更新。

・「東京新聞」「週刊朝日」「週刊宝石」などにコラムを連載。

・テレビ「笑う子犬の生活」でコントに挑戦(=00年)。

・映画「アナザヘヴン」にニュースキャスター役で出演(=00年)。

・処女小説「密会ハートブレイク」を雑誌「小説宝石」12月号に発表(=01年)。

凡例:20.01現在=2020年1月現在