丸佳浩

丸佳浩

■丸佳浩(まる よしひろ)

 

□肩書き

 プロ野球選手

 

□所属

 広島東洋カープ(08年〜18年)

 読売ジャイアンツ(19年〜)

 

□生年

 1989(平成01)04.11(牡羊座/AB型)

 

□出身地

 千葉県勝浦市

 

□出身校

 勝浦市立勝浦中学校

 千葉経済大学附属高校

 

□略歴(満年齢)

 08年(19歳)高校生ドラフト3巡目指名で広島東洋カープに入団。

 18年(29歳)2年連続セリーグMVP。

 19年(30歳)FAで読売ジャイアンツに移籍。

 ※入団、移籍は野球シーズン年度

 

□趣味

 マンガ ゲーム 麻雀

 

□サイズ

 177㎝ 90㎏

 

□特記事項

・700試合連続試合出場

■丸佳浩

 

□幼少時代〜

・実家は理髪店「カットサロンまる」(千葉県勝浦市=18.04現在)。

・子供の頃、よく東京ドームでジャイアンツ戦を観た。

 川相昌弘の代打ホームランが強く印象に残っている。

・小3の時、ソフトボールをはじめた。

・長さ4mの青竹素振りでスイングを鍛えた。

 

□私生活

・好物…白米(大好物)。

・1軍に定着しつつあった時期に野菜嫌いを克服した。

・14年オフに酒、タバコ、麻雀をやめた。

・太りやすい体質。

・いきつけ…「大戸屋」「すき家」。

・電車を乗り継いで羽田空港に行く。


■丸佳浩

 

□人間関係

・田中広輔、菊池涼介…広島カープのチームメイト(同学年)。

 セリーグ優勝した16年に1〜3番を打って「タナキクマル」と呼ばれた。

・山里亮太…高校の先輩。

 丸が甲子園に出場した時に野球部にボールを寄贈。

・里佳…?年結婚。小学校〜中学校の同級生。

 

□エピソードなど

・バットは乾燥状態をキープする為にジェラルミンケースで運ぶ。

・匂いがつくのが嫌なのでヘルメットを自分で持ち運ぶ。

 ※通常はチームが一括して運ぶ

・グリップをいったん下げてから上げてスイングに入る(ヒッチ打法)。

・3打席連続本塁打(=17.06.16ソフトバンク戦)。

・右太もも裏の筋挫傷で連続試合出場が700でストップ(=18年)。

・74年の王貞治以来史上2人目のシーズン130四球(=18年)。

・OPS1.950(12球団1位=18年)。※OPS=出塁率+長打率

・2年連続セリーグMVP(=18年)。

・開幕戦で大瀬良を相手に4打席4三振(vs広島=19.03.29)。

 ジャイアンツの野手の開幕戦4三振は58年長嶋以来61年ぶり。

・ツイスト打法で25号本塁打(=19.09.12横浜DeNA戦)。

 顔をホームベース方向に残したまま下半身の開きを抑えた打法。

凡例:19.01現在=2019年1月現在