中西太

中西太


■中西太(なかにし ふとし)

 

□肩書き

 プロ野球選手(69年引退)

 プロ野球指導者 野球評論家

 

□所属チーム

 西鉄ライオンズ(52年〜69年)

 

□生年

 1933(昭和08)04.11(牡羊座)

 

□出身地

 香川県高松市

 

□出身校

 松島小学校

 高松市立第一中学校

 高松第一高校

 

□略歴(満年齢)

 52年(19歳)西鉄ライオンズに入団。

 53年(20歳)史上最年少でトリプルスリー。

 62年(29歳)西鉄ライオンズのプレイングマネージャーに就任。

 ※入団、就任は野球シーズン年度

 ※通算成績:

  1388試合、1262安打、.307、244本、785打点、142盗塁

 ※主なタイトル・表彰:

  首位打者2回、ホームラン王5回、打点王3回、

      新人王、MVP1回、ベストナイン7回

 

□サイズ

 173㎝

 

□特記事項

・プレイングマネージャー


■中西太

 

□幼少時代〜

・母親は手押し車に野菜などを積んで歩く行商をしていた。

・母子家庭に育った。

・母親作ってくれる手打ちうどん、豆腐、あげなどが大好きだった。

・小学校時代、健康優良児だった。

・小学校時代、走るのが速かった。

 市内の学童大会の徒競走で1等賞を取った。

・小学校時代、将来海軍軍人になりたいと思っていた。

・小6の時、ひとりで留守番をしていた時に高松空襲にあった。

 近所の大人について防空壕を出てさまよった(帰ってみると防空壕はつぶされていた)。

 この空襲で親友が死亡した。

 ※45年7月4日未明の空襲、高松市街の80%が焼け野原になった

・小6の頃、担任に教えられて野球らしきものをはじめた。

 道具がないので棒きれで打って素手で捕球した。

・中学時代、先輩に誘われて野球部に入部。

・高校時代、石清尾ー八幡宮の階段上りで足腰を鍛えた。

・高校時代、打撃練習をする時に内野手が守らなかった(打球が速すぎて危険だった)。

・高校時代、甲子園に3回出場(1年春夏、3年夏)。

 高3の時に2試合連続ランニングホームラン。

 

□私生活

 

□人間関係

 

□エピソードなど

・「怪童」と呼ばれた。

・バックスクリーンのはるか上空を越える超特大場外ホームラン(=53.08.29大映戦)。

 推定飛距離160m以上、日本人選手最長記録と言われている。

・打撃タイトル2冠を4回。

凡例:17.01現在=2017年1月現在