中村吉右衛門(2代目)

中村吉右衛門


■中村吉右衛門(なかむら きちえもん)(2代目)

 

□肩書き

 歌舞伎俳優

 

□本名

 波野辰次郎

 

□筆名

 松貫四

 

□旧姓名

 藤間久信

 

□旧芸名

 中村萬之助

 

□生年

 1944(昭和19)05.22(双子座/B型)

 

□出身地

 東京都

 

□出身校

 暁星高校

 早稲田大学文学部仏文科中退

 

□略歴(満年齢)

 66年(22歳)2代目中村吉右衛門を襲名。

 89年(45歳)ドラマ「鬼平犯科帳」に主演。

 11年(67歳)重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定。

 ※他の主な出演:

  舞台 「勧進帳」「仮名手本忠臣蔵」「義経千本桜」

  映画 「心中天網島」「利休」「柘榴坂の仇討」

  ドラマ「右門捕物帖」「武蔵坊弁慶」「大忠臣蔵」

  テレビ「世界ふしぎ発見!」「迷宮美術館」「誰だって波瀾爆笑」

  CM    「日立製作所 キドカラー」「ネスカフェ ゴールドブレンド」

 

□趣味

 音楽観賞 キセル 絵画 腕時計収集 古典落語観賞 クルマ

 

□特記事項

・人間国宝


■中村吉右衛門

 

□幼少時代〜

・実父は8代目松本幸四郎。

・4歳の時、母方の祖父・初代中村吉右衛門の養子になった。

 母親は「男の子を2人産んでひとりを養子にする」と約束して8代目松本幸四郎と結婚した。

・2歳年上の兄がいる。

・戦時中、日光に疎開。

・子供の頃、身体が弱かった。よく寝込んでいた。

・子供の頃、読書やお絵描きが好きだった。

・子供の頃、すのこに登って舞台を上から見るのが大好きだった

 (落ちると危ないので登った事が親に伝わると厳しく叱られた)。

 ※すのこ…桜吹雪や雪を降らせる為に大道具が登る場所

・10歳の時、養父・初代中村吉右衛門が他界。葬式で喪主を務めた。

・大学時代、歌舞伎を辞める事を考えた。

・大学時代、楽器やクルマに没頭。

・大学時代、幼馴染みのフランス人女性と約3年間交際。

 結婚する事を考えた。彼女がフランスに帰国して別れた。

 歌舞伎をやめてフランスに行く事を考えた。


■中村吉右衛門

 

□私生活

・好物…鮒寿司。そば。たまごロール。てんぷら。うなぎ。

 あんこ。フレッシュジュース。

・朝食は子供の頃から毎日パン。

・酒は飲めない。

・健康法…トマトジュース。ヨーグルト。スポーツジム。

・胆石を取る手術を受けた(=11年頃?)。

・13年春から味覚障害と闘病中(=13.10現在)。

・バカラのグラスを愛用。

・好きな音楽…ジャズ。

・アメリカのテレビドラマが好き(「ER」「ビバリーヒルズ青春白書」など)。

・アニメ「トムとジェリー」が大好き。

・自作のイラストの年賀状を毎年1000枚出す。

・一緒にお風呂に入った時の娘の裸をイメージして裸婦を描く。

・宝くじが好き。

・靴を磨くのが好き。家族のも磨く。

・いきつけ…

 「並木藪蕎麦」(浅草、子供の頃から通っている=12.08現在)。

 うなぎ「竹葉亭 本店」(銀座=11.09現在)。

 洋食「キッチン ボン」(恵比寿、ボルシチ、子供の頃から通っている=11.09現在)。

・クルマが大好き。自分で改造したワーゲンに乗っていた。

・運転中に信号のない交差点でトラックと衝突事故(トラック運転手が軽症、自分は無傷=99年)。

・ディズニーランドが大好き。

 好きなアトラクションはスプラッシュマウンテン、ホーンテッドマンション、プーさんのハニーハント。

・美術館が好き。

・温泉が好き。箱根の温泉によく行く。泊まりがけで行くと1日5回入る。

・方向音痴。


■中村吉右衛門

 

□人間関係

・尾美としのり…友人。ドラマ「鬼平犯科帳」で共演。

・黒田勇樹、三宅健、阿部知代、京野ことみ、山王丸和恵、椎名林檎、トリンドル玲奈、

 牧瀬里穂、山口智子…歌舞伎が好きな有名人。

・松本紀保、市川染五郎、松たか子…兄・9代目松本幸四郎の子供。

・9代目松本幸四郎…兄。

・山本知佐…75.05.30結婚。結婚当時は慶応大学の学生(19歳)。12歳年下。

 遠い親戚(はとこ)。妻が子供の頃から知っていた。

・子供:

 長女…29歳(=05.01現在)。

 次女…25歳(=05.01現在)。

   三女…24歳(=05.01現在)。

 四女…波野瓔子。82.08.31誕生。13年に5代目尾上菊之助と結婚。

 ※孫が2人いる(四女・波野瓔子の子供=15.07現在)。


■中村吉右衛門

 

□エピソードなど

・屋号は播磨屋。

・東京劇場「俎板長兵衛」で中村萬之助として初舞台(=48年)。

・帝国劇場「金閣寺」で2代目中村吉右衛門を襲名(=66年)。

・東宝劇団に約10年間移籍。

・若い頃は遅刻や時間ギリギリの楽屋入りが何度かあった。

 彼女とデート帰りに大渋滞に巻き込まれて本来の開演時間後に到着した事があった。

・初代中村吉右衛門の当たり役を継承した。

・芝居の上手さ、歯切れの良い口跡、堂々の押し出しで、立ち役で同世代随一と評された。

・香川県琴平町「金比羅大芝居」で脚本・演出・座頭を務めた(=85年)。

・「寺小屋」「天衣紛上野初花」で芸術祭賞を受賞(=02年)。

・「鬼平犯科帳」で過去に実父(8代目松本幸四郎)が演じた同じ役を演じた。

・「鬼平犯科帳」は95年に映画化、98年に舞台化された。

・厳島神社で舞踏劇「昇龍哀別瀬戸内 藤戸」を奉納(=98年)。

・日本芸術院会員に就任(=02年)。

・文化庁「次代を担う子どもの文化芸術体験事業」に携わる(=06年〜)。

 歌舞伎の魅力を伝える為に毎年全国の小学校でワークショップなどを開催。 

・関西学院大学文学部客員教授に就任(=08年)。

・初役で「四谷怪談」の伊右衛門を演じた(=08年)。

・松貫四の筆名で新作歌舞伎を書く。

・嫌いな人が楽屋に来るとこっそり逃げる。

凡例:20.01現在=2020年1月現在