三島由紀夫

三島由紀夫


■三島由紀夫(みしま ゆきお)

 

□肩書き

 作家

 

□本名

 平岡公威

 

□生年

 1925(大正14)01.14(山羊座/A型)

 

□没年

 1970(昭和45)11.25(享年45)割腹自殺

 

□出身地

 東京市四谷区永住町

 

□出身校

 学習院初等科

 学習院中等科

 東京帝国大学法学部

 

□略歴(満年齢)

 49年(24歳)小説「仮面の告白」出版。

 56年(31歳)小説「金閣寺」出版。

 69年(44歳)小説「春の雪(豊饒の海 第一巻)」出版。

 ※他の主な著書:

  小説「禁色」「潮騒」「鏡子の家」


■三島由紀夫

 

□幼少時代〜

・父親は農林省水産局長の平岡梓。

・父方の祖父は福島県知事→樺太庁長官の平岡定太郎。

・母方の高祖父は幕府若年寄の永井尚志。

 

□私生活

・健康法…ボディビル。ボクシング。剣道。

 

□人間関係

・美輪明宏…友人。美輪からシャンソンを教えて貰った。

 美輪の舞台「黒蜥蜴」の脚本を三島が書いた。

 美輪の著書「紫の履歴書」の序文を三島が執筆。 

 三島が自害する約1週間に会っていた。

凡例:19.01現在=2019年1月現在