ミヤコ蝶々

ミヤコ蝶々


■ミヤコ蝶々(みやこ ちょうちょう)

 

□肩書き

 女優 タレント

 

□本名

 日向鈴子

 

□生年

 1920(大正09)07.06(蟹座/B型)

 

□没年

 2000(平成12)10.12(享年80)慢性腎不全

 

□出身地

 兵庫県神戸市

 

□略歴

 61年(41歳)テレビ「スチャラカ社員」出演。

 63年(43歳)テレビ「夫婦善哉」出演。

 69年(49歳)映画「続・男はつらいよ」出演。

 ※他の主な出演:

  映画 「吹けば飛ぶよな男だが」「復讐するは我にあり」「大阪物語」

  ドラマ「だいこんの花」「青空にちんどん」「虹を織る」

  テレビ「2時のワイドショー」「蝶々・たけしの21世紀まで待てない!!」

  CM   「金鳥コックローチ」「せんねん灸」「公共広告機構」

 

□特記事項

・元夫は三遊亭柳枝

・元夫は南都雄


■ミヤコ蝶々

 

□幼少時代〜

・東京の日本橋小伝馬町出身。

・4歳の時、芸事が大好きな父親に連れられて関西に来た。

 

□私生活

・好物…辛子明太子(楽屋で食べるおのぎりの具に入れる)。

 コーヒー。辛いもの。

・酒は飲めない。

・朝起きてすぐにかき氷を食べる。

・朝食の定番メニューは、ゆでとうもろこし、フランクフルトソーセージ2本、

 卵の黄身、レタス、プチトマト、野菜スティック、牛乳。

・新しい食事のメニューに挑戦するのが好き。

・持病…腎盂炎。

・若い頃にヒロポン中毒になった。

・ペット…犬6匹(=96年現在)。

・子供はいない。

 

□人間関係

・白木みのる…弟子。

・三遊亭柳枝…?年結婚、?年離婚。

・南都雄二…?年結婚、58年離婚。※73年他界

 「夫婦善哉」の司会を夫婦で担当(離婚後もコンビは続けた)。

 

□エピソードなど

・7歳で初舞台。

・少女漫才で地方を廻った。

・吉本興業、宝塚新芸座、上方演芸、東宝、松竹芸能と所属を移った。

・舞台「おばあちゃんは魔女」でリフト式の椅子で6mのせりあがりに挑戦(=94年)。

・舞台で脚本・主演・演出を担当。

・トーク番組で歯に衣着せぬ発言を連発。

・NHK放送文化賞を受賞(=78年)。

・紫綬褒章を受賞(=84年)。

・著書…「女ひとり」「女のらくがき」。

凡例:19.01現在=2019年1月現在