コシノジュンコ

コシノジュンコ


■コシノジュンコ

 

□肩書き

 ファッションデザイナー

 

□本名

 小篠順子

 

□生年

 1939(昭和14)08.25(乙女座)

 

□出身地

  大阪府岸和田市

 

□出身校

 岸和田市立中央小学校

 岸和田市立岸城中学校

 大阪府立岸和田高校

 文化服装学院デザイン科

 

□略歴(満年齢)

 59年(20歳)若手デザイナーの登竜門「装苑賞」を史上最年少で受賞。

 66年(27歳)ブティック「コレット」をオープン。

 

□趣味

 サルサ

 

□特筆事項

・姉はコシノヒロコ

・妹はコシノミチコ


■コシノジュンコ

 

□幼少時代〜

・実家はコシノ洋装店。

・父親は仕立て職人(戦地で病死)。

・母親はファッションデザイナーの小篠綾子。

・3歳年上の姉、3歳年下の妹がいる。

・母親は子供を放っておいて遊びに行く人だった。

・お転婆で気が強く、姉と妹としょっちゅうケンカをした。

・小学校時代、運動会の徒競走ではいつも1位だった。

・中学時代、画家を志していた。

・高2までだんじり祭りで一番山車を引いた。


■コシノジュンコ

 

□私生活

・好物…鯖寿司。うどん。お好み焼き。

 肉。魚。岸和田の水なすび漬け。

・得意料理…お好み焼き(フォアグラを乗せる)。

・好きな酒…ワイン。

・健康法…スポーツジム(週2回以上=19.01現在)。

・朝が弱い。

・食器を大量に所有。

・住んでいる所…東京都港区南青山(=19.01現在)。

 靴を脱ぐとファッションのバランスが崩れるので自宅は土足OK。

 アジアンテイストのモノを集めた茶室がある。

・いきつけ…スーパー「紀ノ国屋」。

・海外から自宅に来た友人をたこ焼きやお好み焼きでもてなす。

・母親は06年に他界(享年92)。

 酒好きの母親と一緒によく酒を飲んだ。

・岸和田のだんじり祭りの日に毎年家族親戚知人が実家に集まる。

 祭り囃子を聞くと血が騒ぐ。

・40歳初産で長男を産んだ。

・長男の幼稚園の文化祭のデザインを担当、

 張り切りすぎて当日長男を連れて行くのを忘れた。

・長男はイギリスの美術学校に留学していた。

・長男はジュンココシノ(株)の事業部長(=12.04現在)。

・孫から「ジュンコ」と呼ばれる。


■コシノジュンコ

 

□人間関係

・高田賢三…親友。

・加賀まりこ、石坂浩二、かまやつひろし、篠山紀信

 …若い頃の遊び仲間。

・金子功、高田賢三、松田光弘、コシノジュンコ

 …文化服装学院デザイン科の同期生。

 文化服装学院時代、毎日一緒に遊び、お互いに競いあった。

・山本寛斎…ファッションの弟子。

・ブルゾンちえみ…コシノジュンコのファン。「おかあさん」と呼ばれる。

・コシノヒロコ…姉。ファッションデザイナー。

・コシノミチコ…妹。ファッションデザイナー。

・前夫…?年結婚、?年離婚。

・鈴木弘之…75年結婚。8歳年下。教習所で知り合った。

・子供:

 長男…順之(よりゆき)。80年誕生。ファッションプロデューサー。

 ※孫が3人いる(=18.07現在)


■コシノジュンコ

 

□エピソードなど

・上京当時、関西弁が通じなかったので封印した。

・「ブティック」という言葉を日本に持ち込んだ。

・ザ・タイガースなどグループサウンズの衣装を数多く手掛けた。

・ユニセックスの洋服を多数デザインした。

・パンタロン、ロンドンブーツを日本に流行らせた。

・サイケの女王と呼ばれた。

・大阪万博のユニフォームを手掛けた。

・2軒目のブティック「JUNKO」を開店した通りの名前を「キラー通り」と勝手に命名。

・テレビ「オレたちひょうきん族」のコントの衣装(アミダばばあ)をデザイン。

・北京コレクションを開催、中国ファッション発展に貢献(=85年)。

・母親が年輩の女性向けのブランドを設立。

・好きな生地素材はジャージー。

・22年連続でパリコレに参加。

・前例がない事に挑戦するのが好き。

・デザインをてがけた衣装など:

 アミダばばあ(明石家さんま)のコント衣装

 東京ヴェルディの初代ユニフォーム

 読売ジャイアンツのグラウンドコート

 武尊(K-1)のガウン・試合コスチューム

 和太鼓グループ「DRUM TAO」の衣装

 日本オリンピック委員会の公式エンブレム

 琉球海炎祭の花火

 スクール水着

・自宅を「TOKIOカケル」で公開(=19年1月23日放送分)。

凡例:20.01現在=2020年1月現在