グレート義太夫

グレート義太夫

関連項目:たけし軍団


■グレート義太夫(ぐれーと ぎだゆう)

 

□肩書き

 芸人 タレント 俳優

 

□所属グループ

 たけし軍団

 

□本名

 鈴木正之

 

□生年

 1958(昭和33)12.26(山羊座/B型)

 

□出身地

 東京都

 

□出身校

 亜細亜大学

 

□略歴(満年齢)

 84年(26歳)たけし軍団に入る。

 89年(31歳)ドラマ「ビートたけし殺人事件」出演。

 99年(41歳)映画「菊次郎の夏」出演。

 ※他の主な出演:

  映画「生きない」「ハッタリさん奮闘記」「銀玉マサやん」

  ドラマ「ビートたけしの学問ノススメ」 

  テレビ「風雲!! たけし城」「スーパージョッキー」「北野ファンクラブ」

  

□趣味

 音楽観賞 映画観賞 ゲーム

 

□特技

 ドラム ギター キーボード


■グレート義太夫

 

□幼少時代〜

・父親はタクシー運転手。

・大学時代、体育会系ノリの音楽サークル「世界民謡研究会」。

 夏合宿でランニング、ウサギ跳び、腹筋など体力トレーニング。

 練習でメトロノームを140にあわせてネジを一杯に巻いて止まるまでドラムを叩き続けた。

・大学時代、ハードロックバンド「雷神」のドラマーとして活躍。

 コンテストで優勝してCBCソニーからドラマーとしてスカウトされたが、

 バンドとしてやっていきたかったので断った(バンドはその後すぐに解散)。


■グレート義太夫

 

□私生活

・好物…寿司。肉。

・嫌いな食べ物…トマト。イチゴ。ミカン。

・酒は飲まない。

・タバコを1日30本(=92年現在)。

・若い頃は2ℓのペットボトルを一気飲みしていた。

・35歳の頃に糖尿病を発症。

 入院した時の血糖値が630だった(通常は100前後、その病院の歴代2位)。

 合併症で白内障と腎不全になった。

 第1級身体障害者。

 週に3回、1回5時間の人工透析を7年間受けている(=14.08現在)。

 ※腎臓病に関する講演をしている

・「このまま痛風が悪化したら脚を切断する事になる」と医者に脅かされた事がある。

・ペット…猫4匹(=93年現在)。

・日本ハムのファン。

・居眠り運転でガードレールに衝突して額などに2週間の打撲傷(=93年)。

・ダイヤルQ2にハマっていた(1ヵ月の利用料金が約20万円)。

・父親は糖尿病をこじらせて腎臓の病気で他界(享年67=94年)。

・頻繁に実家に帰って82歳の母親が作ってくれる昼食を食べる(=14.08現在)。


■グレート義太夫

 

□人間関係

・なべやかん、玉袋筋太郎、三又又三、ラッシャー板前、松尾伴内、

 柳ユーレイ、水道橋博士、秋山見学者、井手らっきょ、

 大森うたえもん、ダンカン、グレート義太夫、つまみ枝豆、芹澤名人、

 東国原英夫(そのまんま東)、ガダルカナル・タカ

 …たけし軍団の主要メンバー(年齢順、脱退を含む)。

 一番弟子はそのまんま東。

 タカは軍団のリーダー的存在で「親方」と呼ばれていた。

・ビートたけし…師匠。

 

□エピソードなど

・たけしが「足立区バンドのメンバーが足りない」とラジオで言っていたのを聞いて、 

 手紙とデモテープを渡したらたけし本人から電話がかかってきた。

・たけしのバックバンド「シークレットポリス」のパーカッション担当。

 「亀有ブラザーズ」のメンバー。作詞作曲を手がける。

 エースコックのCMソングを作曲。

・テレビ「お笑いウルトラクイズ」の落とし穴企画で足首を骨折。

・雑誌で映画評論や音楽評論をてがける。

 

凡例:20.01現在=2020年1月現在

関連項目:たけし軍団