いきものがかり

いきものがかり

水野   吉岡   山下


 吉岡聖恵    1984(昭和59)02.29(魚座/A型)  神奈川県厚木市  昭和音楽大学短期大学部
 水野良樹  1982(昭和57)12.17(射手座/A型)  神奈川県海老名市  一橋大学社会学部
 山下穂尊  1982(昭和57)08.27(乙女座/O型)  神奈川県海老名市  法政大学社会学部


□略歴 
 99年 いきものがかりを結成。
 06年 「SAKURA」でメジャーデビュー。
 13年 紅白歌合戦紅組トリ。
 ※他の主なシングル:
  「ありがとう」「笑ってたいんだ」「風が吹いている」

 

□特記事項

・紅白歌合戦9年連続出場


■いきものがかり

 

□幼少時代〜

(吉岡)

・兄がいる。※兄と水野と山下は高校時代の同級生

・比較的田舎に住んでいた。自宅に猿が入って来た事がある。

・高校時代、自分からアプローチしてチャラい雰囲気の男の子と交際。

・大学時代、声楽の先生に歌い方を否定され、悩んで歌えなくなった。

(水野、山下)

・小学校、中学校、高校の同級生。

・小1の時、クラスの「生き物係」を担当。※バンド名の由来

・高2の時、部活に入っていない浮いた存在同士で仲良くなった。

 それまではクラスもずっと別々で特に仲が良い訳ではなかった。

(水野)

・小学校〜中学時代、野球部。

・学生時代、あまりモテなかった。

 自分がリーダーだったバンドのキーボードの女の子に5回告白して5回フラれた。

・初恋の女の子との初デート(グループデート)で映画館に行った。

(山下)

・父親は高校の生物教師。

・妹がいる。

・小学校時代、サッカーをやっていた。

・中学時代、ラグビー部。

・大学時代、アジアや中南米をひとり旅した。


■いきものがかり

 

□私生活

(吉岡)

・好物…オクラとセロリのピクルス。

・酒に酔うと人が変わる。

 酔って反省して飲み物を自分で自分の頭にかけた事がある。

・健康法…フルーツジュース(毎朝飲む、牛乳とバナナとトマトが基本)。

 ニンニクの醤油漬け(母親が送ってくれる)。

・丸顔がコンプレックス。

・好きな本…湯本香樹実「夏の庭」。

・好きな映画…「魔女の宅急便」「きょうのできごと」。

・1万人にひとりと言われている手相(ますかけ線)が両手にある。

・コンバースのスニーカーをたくさん持っている。

・短距離走が苦手。

・活動休止中にスイスの牧場に行った。

・テンションの上がり下がりが激しい。

・好きな言葉…「習慣は第二の天性なり」。

・祖父母が野菜を作っている(=12.08現在)。

(水野)

・好物…ラーメン。ナスの天ぷら。

・嫌いな食べ物…酸辣湯。唐揚げにかけるレモン。

・貧乏揺すりをする癖がある。

・髪の毛の先を丸めて耳の中に入れる癖がある。

・アナログレコードが好き。

・好きな映画…「かにゴールキーパー」。

・1万人にひとりと言われている手相(ますかけ線)が両手にある。

(山下)

・好物…ラーメン。

・酒が好き。好きな酒は焼酎。

・渋谷で女性のハイヒールで足を踏まれて足の指を骨折(=13年)。

・一度寝るとなかなか起きない。酒を飲んで寝ると更に起きない。

・家庭菜園でバジル、ミニトマトなどを栽培(=12.08現在)。

・モノ作りが好き。ホームセンターによく行く。

 マイ斧を数本所有。建築資材に詳しい。

 活動休止中に山小屋を仲間と一緒に改築。

・20歳の頃に地元の親友が交通事故で他界。


■いきものがかり

 

□人間関係

(共通)

・アンジェラ・アキ…同じ事務所。歌手デビュー同期生。

・コロちゃん…いきものがかりのサポートベース。

(吉岡)

・YUKI(ミュージシャン)…憧れている芸能人。高校時代にコピーバンドを組んでいた。

・aiko…大好きな歌手。路上ライブで歌っていた。

・夫…一般男性。20.08.01結婚。

(水野)

・妻…一般女性。13.08.17入籍。

(山下)

・亀梨和也…友人。「ほっち」と呼ばれる。

 よくお互いの自宅で遊ぶ。


■いきものがかり

 

□エピソードなど

(共通)

・水野、山下のふたりで路上ライブでのナンパ目的でいきものがかりを結成。

 当時はゆずの影響で路上ライブが流行っていた。

 女子校がある駅の路上で歌っていた。

・音楽的に行き詰まってボーカルを探して結成約半年後に吉岡が新加入。

 吉岡の兄(水野と山下の同級生)の紹介で知り合った。

・デビュー当時に吉岡の兄からダメだしされた。

・毎週水曜日に地元・小田急線本厚木駅前で制服姿で路上ライブをやっていた。

 ヒット曲から坂本九「上を向いて歩こう」小林明子「恋に落ちて」まで幅広く歌っていた。

 会社帰りの父親世代の人にも人気があった。

・路上ライブでセッティング中に「うるさい」と通報された事がある。

・水野と山下の大学受験の為に00年秋から02年春まで一時解散。

 活動再開に際して水野が1年間何度も電話で口説いたが吉岡が首を縦に振らなかったが、

 山下が直接会って話したら30分でOKした。

・ライブの観客が増えるに連れて路上ライブの観客が減った。

 最後の路上ライブの観客は女子高生1人、

 すぐそばで酔客が倒れて救急車が来て途中終了だった。

・プライベートでは殆ど交流がないが音楽の趣味は共通している。

 1年に1回程度3人だけで食事をする。

 水野と山下は一度もふたりで飲みに行った事がない。

・水野と吉岡はちょっとした事でよくケンカする(山下が仲裁する)。

・「誠に僭越ながらファーストアルバムを拵えました…」でインディーズデビュー(=03年)。

・デビューシングル「SAKURA」はNTT東日本のCMソングに使われた。

・デビューシングル「SAKURA」のc/wで荒井由実「卒業写真」をカバー。

・石川優子とチャゲ「ふたりの愛ランド」をカバーして配信限定でリリース(=06年)。

・ニッポン放送のステーションジングルを担当(=06年)。

・ラジオ「寄り切り!押し出し!!上手投げ!!!」に出演。

・「家族で楽しめるバンド」を目指している。

・曲がCM、主題歌、テーマソング、タイアップによく使われる。

・グループとしての活動を約2年間休止(=17年〜18年)。

・3人一緒にいないと殆ど気付かれない。

 紅白歌合戦でトリを務めた時に入り口で警備員に止められた。

・20年4月2日に事務所から独立する事を発表(=19.12.25)。

(吉岡)

・作詞を担当。

・ライブで客をあおりすぎてステージから転落した事がある。

・活動休止当初の半年間は音楽活動は一切しなかった。

・スタッフの前でよくモノマネをする。

 瀬戸内寂聴、インタビューを受ける訳あり女性のモノマネができる。

(水野)

・海老名のサービスエリアでアルバイトをしていた。

・作詞、作曲を担当。

・ブログをやっている(=06.10現在)。

・2年間の休止中に約60曲を楽曲提供。

(山下)

・作詞、作曲を担当。

・ブログをやっている(=06.10現在)。