2016年

10月

04日

シン・ゴジラ

CINEMAGICAL FORCE

有名人データベース PASONICA JPN管理人による映画に関する雑感あれこれ

シン・ゴジラ(2016年)

監督:庵野秀明(総監督)

脚本:庵野秀明

出演:長谷川博己 竹野内豊 石原さとみ 津田寛治 市川実日子 大杉漣

シン・ゴジラ(2016年)

 

基本的に充分満足。

東宝製作でこれだけ自分の趣味を徹底的に押し通して全く新しい種類の映画を作った事は素晴らしい。

 

あえて言えば、多摩川戦に比べるとクライマックス(ヤシオリ作戦)の画の迫力がいまいちだったのが若干不満。

もっとめまぐるしくカメラが移動するとか、画の迫力で多摩川戦を上回ってほしかった。

エンタメはクライマックスでその作品中で最も迫力がある画を観せるべきだと思う。

 

多分さすがにムリなのだろうが、

ヤシオリ作戦失敗→多国籍軍が核攻撃→主人公を含むヤシオリ作戦参加者全員死亡、都心は焦土になる→

ゴジラは真っ黒に炭化して死亡と思いきや、ピクリと動き、ゴジラの子供が無数に生まれて来る→

世界全滅の予感で映画終了……という展開だったらしばらく椅子から立てない程の衝撃を受けたと思う。