2016年

8月

30日

小津安二郎

小津安二郎

2016/08/30更新

■小津安二郎(おづ やすじろう)

 

□肩書き

 映画監督

 

□生年

 1903(明治36)12.12(射手座)

 

□没年

 1963(昭和38)12.12(享年60)

 

□出身地

 東京 深川→三重県松阪町

 

□出身校

 松阪町立第二尋常小学校

 三重県立第四中学校

 

□略歴(満年齢)

 23年(20歳)松竹撮影所に撮影助手として入社。

 53年(50歳)映画「東京物語」を監督。

 62年(59歳)映画「秋刀魚の味」を監督。

 ※他の主な監督作品:

  「晩春」「彼岸花」「秋日和」

 

□特記事項

・60歳の誕生日に他界

■小津安二郎

 

□幼少時代〜

・父親は深川の肥料問屋「湯浅屋」の大番頭。

・父方の先祖は代々伊勢商人。

・5人きょうだいの2番目。兄、妹、妹、弟がいる。

・父親は教育に関して厳しかった。

・9歳の時、父親だけ東京に残して家族で三重県松坂町に引っ越した(父親の実家)。

・中学時代、柔道をやっていた。

・中学時代、映画が大好きだった。

 地元の映画館「神楽座」によく行った。

 泊まりがけで大阪や名古屋に映画を観に行った。

 アメリカのサイレント映画が大好きだった(アメリカのスターにファンレターを出した)。

 映画研究会「エジプトクラブ」を結成。

 映画館で配るニュースに映画批評を投稿してよく採用された。

・中学校卒業後、映画界入りを志して進学しなかった。

 

□私生活

・酒が好き。好きな酒は日本酒。たくさん飲む。

・50代半ばの頃、肥厚性鼻炎の手術を受けた。

・東京深川、千葉県野田、神奈川県北鎌倉と移り住んだ。

・母親は急性肺炎で他界(=62年)。

・母親と同居していた(ふたり暮らし)。

・兄は銀行員。

 

□人間関係

・野田高梧…友人。小津監督作品の脚本を多数担当。

 茅ヶ崎の旅館「茅ヶ崎館」や野田の別荘に長期滞在して一緒に脚本を考えた。

 題材物色から脱稿まで3〜4ヵ月をかけた。

・里見弴…友人。「彼岸花」「秋日和」の原作を担当。

・佐田啓二…友人。息子のようにかわいがっていた。小津安二郎監督作品に多数出演。

・原節子…小津監督作品に多数出演。交際を噂された。

 

□エピソードなど

・宮前尋常小学校に代用教員として勤務(=22年)。

・20歳の時、松阪から深川に戻った。

・親戚のコネで松竹に入社。

・映画監督になる事を父親に大反対された。

・戦時中に映画班として徴用されてシンガポールに滞在。

・撮影現場に行く時の服装はたいてい白いシャツとチャコールグレーのズボン。

 同じ生地のチャコールグレーのズボンを何本も持っていた。