2016年

8月

18日

登坂絵莉

登坂絵莉

2016/10/23更新

■登坂絵莉(とうさか えり)

 

□肩書き

 レスリング選手(48㎏級)

 

□生年

 1993(平成05)08.30(乙女座)

 

□出身地

 富山県高岡市

 

□出身校

 高岡市立木津小学校

 南星中学校

 至学館高校

 至学館大学

 

□略歴

 15年(22歳)世界選手権3連覇(48㎏級)。

 16年(23歳)リオ五輪金メダル(48㎏級)。

 ※主な出演:

  テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」「踊る!さんま御殿!!」「行列のできる法律相談所」

 

□サイズ

 152㎝

 

□特記事項

・リオ五輪金メダル

有名人データベース PASONICA JPN

■登坂絵莉

 

□幼少時代〜

・父親はレスリングをやっていた(国体優勝)。

・4歳年上の兄がいる。

・小3の時、兄と一緒に高岡ジュニア教室でレスリングをはじめた。

 レスリング教室に女子は自分ひとりだけだった。

 レスリングを始めた当初は弱かった。

・中学時代、成績優秀だった。オール5を取った事があった。

・中3の時、全国中学選手権優勝。

・高校入学時、同期の中で4〜5番手だった。

・高3の時、全国高校選手権連覇。

・高3の時、全日本選手権で山本美憂に勝利。

 

□私生活

・好物…チョコレート。

・太りやすい体質。

・水泳が苦手。

・好きな歌手…西野カナ(試合当日にホテルの部屋で「Believe」を熱唱する)。

・ルームメイトの前でよく大きなオナラをする。

・負けず嫌いで執念深い性格。

 人に言われた嫌な事をいつまでも忘れない。

 レスリングで負けた相手の写真を携帯の待ち受け画面にする。

 

□人間関係

・吉田沙保里…友人。姉のように慕っている。一緒に練習する。大学の先輩。

 よく一緒に食事やカラオケに行く。恋愛話をする。

・土性沙羅…友人。高校・大学の1年後輩。

・川栄李奈…顔が似ているとよく言われる。

・栄和人…担当コーチ。リオ五輪の勝利パフォーマンスで肩車をした。

・小林孝至…登坂の父親と仲が良い(現役時代に対戦した事がある)。

 

□エピソードなど

・得意技は外無双、片足タックル。

・普段の体重は55㎏(7㎏減量)。

 計量後にドカ食いして約4㎏体重を戻す。

 空腹過ぎて熱い味噌汁を飲んで口の中を火傷した事が何度もある。

・勝負メシとして試合前日にカップうどん(どん兵衛 きつねうどん)を食べる。

・リオ五輪直前のアジア選手権準決勝で公式戦の連勝が59でストップ(3年半ぶりの敗戦)。

・リオ五輪決勝で残り数秒で片足タックルで2ポイントを奪って逆転勝利。