2016年

1月

01日

清原和博

清原和博

関連人物:桑田真澄

2016/05/31更新

■清原和博(きよはら かずひろ)

□肩書き
 元プロ野球選手

□本名
 清原和博

□生年
 1967(昭和42)08.18(獅子座/B型)

□出身地
 大阪府岸和田市

□出身校
 PL学園高校

□略歴(満年齢)
 86年(19歳)ドラフト1位で西武ライオンズに入団。
 97年(30歳)読売ジャイアンツに移籍。
 98年(31歳)13年連続シーズン20本塁打以上をマーク。
 08年(41歳)現役引退。
 ※入団、移籍、引退は野球シーズン年度
 ※在籍チーム:
  西武(86年〜96年)読売(97年〜05年)オリックス(06年〜08年)
 ※通算成績:
  2338試合、2122安打、.272、525本、1530打点
 ※主なタイトル・表彰:
  新人王、ゴールデングラブ5回、オールスターMVP7回

   ※主な出演:

  テレビ「とんねるずのスポーツ王は俺だ!!」「行列のできる法律相談所」

 
□趣味
 絵画収集 長島茂雄グッズ収集 ゴルフ クルマ

□サイズ
 186㎝

 

□特記事項

・元妻は木村亜希

・KKコンビ(桑田、清原)

・13年連続ホームラン20本以上

・通算ホームラン歴代5位

・覚醒剤取締法違反(懲役2年6ヵ月執行猶予4年=2016年)

有名人データベース PASONICA JPN

■清原和博

□幼少時代〜
・実家は電器店「清原電気商会」。※09年現在営業中
・産まれた時の体重は4200グラム。
・大阪府の赤ちゃんコンクールで優勝した。
・姉と弟がいる。
 姉は成績優秀で中学を首席で卒業した。
・子供の頃、姉のおさがりの洋服を着せられて、よく女の子に間違えられた。
・母親の影響で巨人ファンになった。
 長嶋が打つと背番号3のパジャマ、王が打つと背番号1のパジャマを着て寝た。
・小1の時、バスにはねられてガードレールを超えて草むらに落下した。
 顔中血だらけになって泣きながら家に帰った。
・小学校時代、ガキ大将でよくケンカをしたが、弱いものいじめはしなかった。
・小学校時代、外で遊ぶのが大好きだった。池の魚やトンボなどを素手で捕まえた。
・小学校時代、授業中にじっと座っているのが大の苦手だった。
 「トイレに行きたいです」と行って教室を抜け出して学校内を探検した。
 イタズラをして毎日廊下に立たされた(座っているより立たされる方が好きだった)。
・小3から小6のまで岸和田リトルリーグに所属。自ら希望して入団。

 入団テストの50m走と遠投で5年生に負けない記録を出した。
 小4の秋からレギュラー。小5でエースで4番。小6の時に完全試合。
   練習は超ハードだった。練習中は水を飲ませて貰えなかった。
 脱水症状で倒れて病院で点滴を受けた後でグランドに戻って練習を続けた事があった。
・小6の時、身長が既に170㎝程度あった。
・小学校の卒業文集に「プロ野球選手になりたい」と書いた。
・中学時代、岸和田シニアリーグに所属。元旦以外は毎日練習した。
 エースで4番でキャプテンだった。中3の時に全国大会で準優勝。
・中学時代、「プロ野球選手になって中森明菜と結婚する」と言っていた。
・中3の時、PL学園受験の為に姉を家庭教師に勉強した。
・高校時代、寮に住んでいた。

・高1の夏から5回連続甲子園に出場(優勝2回、準優勝2回)。

 高2の夏の享栄高校戦で1試合3本塁打。

 甲子園の通算成績は26試合、.440、13本、29打点。

 「高校野球史上最強の打者」と呼ばれた。甲子園で一度だけピッチャーを務めた。

・高校時代、寮に住んでいた。

・高校時代、1年から4番を打った。

・高校時代、通算64本のホームランを打った。

・高校時代、練習では1年の時から木製バットを使っていた。

・高校時代、大食いで無料になるお好み焼き屋に財布を持たずに行って毎回タダ食いした

   (400グラムのお好み焼きを90分で3枚食べると無料にになった)。

・高校時代、多い時は肉を1㎏食べていた。

・高校時代、授業中はほとんど寝ていた。

有名人データベース PASONICA JPN

■清原和博

 

□私生活

・好物…バッテラ。お好み焼き。スッポン鍋。肉。魚。ケジャン。プリン。ケーキ。

・嫌いな食べ物…納豆。奈良漬け。らっきょう。

・酒が好き。10日に1回二日酔いになるまで飲む(=12.08現在)。

 若い頃にブランデーのボトルを一気飲みした事がある。

 若い頃に一晩でドンペリを14本を空けた事があるらしい。

・05年1月に禁煙。もともとは1日3箱のヘビースモーカーだった。

・健康法…ジョギング(毎朝5:00に起きて走る=12.08現在)。

・持病…糖尿病。

 通院して血糖値が急上昇して病院に緊急搬送された事がある。

・髪の毛は黒いままヒゲだけ白髪になった。

・1日1食で約10㎏ダイエット(=15年)。

・脚と上半身に刺青を入れた。

・泳げない(=13.08現在)。

・犬が苦手。子犬が相手でも逃げる。

・Vシネマが大好き。引退後はVシネ俳優になりたいと思っていた。

・フェラーリのプラモデルをたくさん持っている。

・ヒロ・ヤマガタ、ラッセンの絵画を集めている。

・長島茂雄グッズコレクションは球界一と言われている。

・占いが好き。

・宝物…長島茂雄から西武入団時に貰った万年筆(使わずに飾ってある)。

・約3200万円の腕時計を所有(世界に10個しかないハリーウィンストン)。

・好きなブランド…VERRI(イタリア)。

・住んでいる所…東京都港区(家賃約60万円の高級マンスリーマンション=16.02現在)。

・いきつけ…

 焼肉「牛まつ」(多摩プラーザ、巨人の選手御用達)。

 宮崎郷土料理「もも太郎」(六本木)。

 鉄板焼・お好み焼き「かねいし」。

・クルマが大好き。

 選手時代の23年間で25台の高級車を乗り継いだ。

 21歳の時から47歳の頃までフェラーリを乗り継いでいた。

 ポルシェ911カレラ、ハマーH2、ベントレーコンチネンタルGTに乗っていた。

 愛車はベンツ(=15.10現在)。

・サウナが好き。

・ブログをやっている(=16.01現在)。

・母親の病気回復を願って四国お遍路参りをした(=15年)。

・母親は認知症の施設に入院中(=16.01現在)。

・毎週週末に少年野球に参加(=12.08現在)。

・座右の銘…無心。

有名人データベース PASONICA JPN

■清原和博

 

□人間関係(野球関係)

・桑田真澄…親友。PL学園高校の同期生。「KKコンビ」と呼ばれた。

 初めて桑田のピッチングを見た時に「ピッチャーではこいつにかなわない」と思った。

 高校時代同じクラスで机を並べて座っていた。

 右肘手術から復活した桑田が683日ぶりの勝利を挙げた試合で巨人移籍後初ホームラン、

 試合後にふたりでお立ち台に上がった(=97年4月6日)。

 プロ入り後は断絶していたがお互い巨人退団後に再度連絡を取り合うようになった。

 引退した桑田が「最後のバッティングピッチャー」を務めてくれた(=08年7月29日)。

 覚醒剤事件の際に「約3年前に”一切関わらないでくれ"と言われた」と桑田が発言。

・池山隆寛、大塚光二…親友。

・金本知憲…家族ぐるみのつきあい。引退試合で花束を贈呈した。

・イチロー…友人。一緒に自主トレをした。

・金村義明…友人。金村を「オッサン」と呼ぶ。

 金村が痔の手術を受けた後に「カンチョー」をやってパンツが血だらけになる程出血させた。

・高橋由伸…友人。野球を始めた頃から清原に憧れている。

 04年オフに去就に関してモメた時に全ての経緯を説明して相談に乗って貰った。

・松坂大輔…友人。時々一緒に食事する。

・元木大介、高橋尚成、阿部慎之助…ジャイアンツの遊び仲間「アホ会」のメンバーだった。

 オフに一緒に韓国旅行に行った(=04年)。高橋と子供が同じ幼稚園だった。

・佐々木主浩…同い年。高3の国体で会った時に佐々木が駆け寄ってきてツーショットを撮った。

・東尾修、工藤公康…西武の先輩。よく銀座のクラブに連れて行って貰った。

・山田久志…新人時代に肘にデッドボールを受けた時に「ちゃんとよけんかい!」と逆に怒られた。

・野茂英雄…野茂のプロ初奪三振の対戦相手は清原(ノーアウト満塁でインハイの

 ストレートで三振)。大事な場面では必ずストレートで勝負を挑まれた。

・落合博満…打撃の師匠的存在。バッテイングに関してよくアドバイスをして貰った。

 「清原のバッテイングフォームは高校時代は一番よかった」と言われた。

・王貞治…子供の頃から憧れていたプロ野球選手。

 巨人に入って(当時監督の)王からバッティング指導を受ける事を夢見ていたが叶わなかった。

 現役最後のソフトバンク戦の試合前に王から花束を渡されて

 「生まれ変わったら同じチームでホームラン競争をしよう」と言われた。

・野村克也…野村が西武時代に使っていたヘルメットを長年使っていた。

 巨人移籍後も黒く塗って使い続けていた。

・長島茂雄、衣笠祥雄、落合博満…目標としていたプロ野球選手。

・土井正博…打撃の師匠。

・高野進…高野から走法の指導を受けた(=05年)。

・江藤智…中学時代から清原に憧れている。

・ケビン山崎…トレーナー。

 ケビンの指示で最新トレーニングと食事療法(鶏肉と卵と白身のみ)で肉体改造(=99年〜)。

 筋肉を付けて90㎏台だった体重を約120㎏まで増やした。

・平石貴久…主治医。清原の大ファン。試合前ににんにく注射を打って貰っていた。

・秋山幸二…西武時代にクリーンアップを組んで「AK砲」と呼ばれた。

・橋本清(元プロ野球選手)…高校の2年後輩。高校の寮で相部屋だった。

・栄川良秀…岸和田リトルリーグの監督。

・及川宣士(元プロ野球選手)…岸和田シニアリーグの監督。

 野球選手としての心構えを及川から学んだ。

有名人データベース PASONICA JPN

■清原和博

 

□人間関係(続)

・長渕剛…友人。兄貴分として慕っている。昔から長渕のファンだった。

 一緒に食事、酒、トレーニング。

 己を励ます為に自宅の壁に長渕直筆の「まだ9回の裏じゃねえ」という色紙を飾ってある。

 長渕の母親の告別式に出席した日の試合でホームラン(=00年)。

 打てない時に長渕の歌を何度も聞いた。

 打席に入る時のテーマソングとして長渕の「とんぼ」を使用していた。

 現役引退試合後のセレモニーで「とんぼ」を熱唱してくれた。

・梅田淳…友人。清原がプロ入りした当時からのつきあい。

 清原から誕生日プレゼントして貰った高級時計を大切にしている。

・川合俊一、真田広之、中井貴一、佐藤浩市、東山紀之…友人。飲み友達。

・中山秀征、佐々木主浩、元大嶽親方(元貴闘力)…友人。昭和42年会の飲み仲間。

・糸井重里、河口正史、武田修宏、三浦知良…友人。

・和田アキ子…友人。

・松方弘樹…飲み比べをした事がある。

・岡田圭右(ますだおかだ)…小学校時代にリトルリーグの大会で清原和博がいたチームと

 1回戦で対戦、ピッチャー清原に対して2アウトからセーフティーバントを試みて失敗

   (開会式の入場行進で一緒に映っている写真が残っている)。

・小野ヤスシ…顔が似ているとよく言われる。

・山瀬まみ…妻の高校時代の同級生。

・堂珍嘉邦…同じマンションに住んでいた。

 台風の時にマンションのエントランスで転倒して頭を打って意識朦朧の状態になっていた

 堂珍の妻(当時妊娠中)を助けて自分のクルマで病院に運んだ(=04年)。

・秋山成勲…秋山の格闘家デビュー戦でセコンドを務めた(=04年)。

・リトル清原…清原のモノマネをする。

・小倉智昭…清原の大ファン。アンチ巨人だが清原だけは応援する。

・森公美子…清原のファン(清原のお尻が好き)。

・小泉孝太郎、坂口憲二、ピエール瀧、波田陽区、城咲仁、森島康仁、

 菅山かおる、東尾理子…清原のファン。

・雨野夕紀(女優)、稲葉千恵子(モデル)、斎藤陽子、吉野公佳…交際を噂された。

・辺見えみり…交際を噂された(=99年)。

・木村亜希…元タレント。00.12.08奈良の神社で挙式、14年離婚。

 セブンティーンクラブの一員として「ス・キ・ふたりとも」で歌手デビュー(=85年)。

・子供:

 長男…正吾。02.08.23誕生。

 次男…05.05.01誕生。

有名人データベース PASONICA JPN

■清原和博

 

□エピソードなど(野球)

・ドラフトで巨人から指名を受けなかった事で記者会見で涙を見せた。

 ※巨人はチームメイトの桑田真澄を1位指名

・開幕2戦目の南海ホークス戦でプロ初ホームラン(=87年)。

・オールスターでホームラン(高卒ルーキー史上初)。

・日本シリーズを3連敗4連勝で優勝(=87年)。

 最終戦の最終回、巨人の攻撃が2アウトになった時に守備位置で涙を流した。

 ※ドラフトで指名してくれなかった巨人に勝つ事ができる嬉し涙、と報じられた

・.304、31本、78打点で新人王を獲得。ホームラン31本は新人最多タイ記録。

・1年目のオフ、門限破りなどで徴収された罰金を定期預金にした通帳を森監督から渡されて

 「いいプレーをしてくれればいい」と言われた。

・日本シリーズで超特大の場外ホームラン(ナゴヤ球場場外の新幹線高架直撃=88年)。

・史上最年少で通算100本塁打(=89年)。

・デッドボールに激高して平沼定晴(ロッテ)にバットを投げつけてヒップアタック

 (2試合出場停止、罰金30万円=89年)。

・日本シリーズ第5戦で桑田からバックスクリーンに2打席連続ホームラン(=94年)。

・史上最年少(23歳)で年俸1億円(史上初の20代の1億円プレイヤー=91年)。

・史上最年少で通算200本塁打(=92年)。

・左ひざ骨軟骨損傷、左手甲骨折、右足内側側副じん帯損傷(=99年)。

・鹿児島の最福寺で護摩行(炎の前で不動真言を唱える密教の儀式)に取り組んだ(=99年)。

・オールスター第3戦でホームランを打って「一番嬉しいホームラン」とコメント(=00年)。

・阪神戦で3イニング連続ホームラン(=01年)。

・日本シリーズで松坂(西武)から看板直撃の超特大ホームラン(=02年)。

・4年連続で妻の誕生日にホームラン(=01年〜04年)。

・ホームラン後に小川直也のハッスルポーズで喜びを表現(プロスポーツ界で流行した=04年)。

・敬愛するバリー・ボンズを意識して耳にピアスをいれた(=05年)。

・史上初の200人のピッチャーからホームラン(200人目は阪神・福原=05年)。

・交流戦の横浜戦でクルーンから逆転サヨナラ満塁ホームラン(=06年)。

・サヨナラ本塁打数12、サヨナラ安打数20の日本新記録を樹立(=06年)。

・左膝の軟骨組織の修復手術を受けた(スポーツ選手として成功前例のない手術=07年)。

・オールスターゲームで好成績を残した。

 18回出場、.365、13本(歴代2位)、34打点(歴代1位)、MVP7回(歴代1位)。

・所属チームが日本シリーズに10回出場して8回優勝(西武6回、巨人2回)。

・センターへのホームラン117本は歴代最多。

・通算196死球と通算1955三振は日本記録。

・内角球をよけなかったので死球で何度も怪我をした。

 ピッチャーにナメられたくなかったのでグラウンド内では絶対に痛がらなかった。

・詰まった内野ゴロをよりはフルスイングの空振り三振のほうがよほどマシだと思っていた。

 内野ゴロで一塁に走るのは罰走をやらされている気分だった。

 現役最終打席はフルスイングの空振り三振。

・よくチームメイトにイタズラをした。

 試合前にチョークスリーパーをかけて失神させた。

 カンチョーで尾てい骨を骨折させた(カンチョー禁止令が出た)。

・現役時代の推定年俸総額は50億円以上。

・上下純白のスーツで巨人のキャンプ地を訪問(=14年)。

・名球会フェスティバルで2打数2安打(=16年)。

有名人データベース PASONICA JPN

■清原和博

 

□エピソードなど(野球以外)

・警察庁の覚醒剤追放キャンペーンのポスターに起用された(=87年)。

 キャッチコピーは「覚せい剤うたずにホームラン打とう」。

・自宅マンションに空き巣、現金と腕時計・貴金属(66万円相当)を盗まれた(=92年)。

・PRIDE17でアントニオ猪木に呼ばれてリングに上がって闘魂注入ビンタを受けた(=01年)。

・泥棒に財布を盗まれてキャッシュカードで300万円を引き出された(=04年)。

・雑誌「週刊ポスト」の記事「自主トレ清原が金髪ストリップ通い」を名誉毀損で提訴、

 自ら証人として出廷して損害賠償金と謝罪文掲載を勝ち取った(=01年)。

・吉本新喜劇の舞台にゲスト出演(=06年)。

・ドラマ「和田アキ子殺人事件」に本人役で出演(ドラマ初出演=07年)。

・自伝「男道」を出版(幻冬舎=09年)。

・日本シリーズ第2戦の解説で共演した新庄剛志とともに奔放な発言を連発(=09年)。

・テレビ「逃走中」の収録中に転倒して左手小指を脱臼骨折(=12年)。

・テレビ「金曜日のスマたちへ」で「自殺を考えた」と発言(=15年)。

・覚醒剤取締法違反の疑いで自宅で現行犯逮捕(=16年)。

 判決は懲役2年6ヵ月(執行猶予4年)。

凡例:16.01現在=2016年1月現在

関連人物:桑田真澄