病気

病気

関連項目:各種データ目次 怪我

■病気

□岡田奈々(AKB48)(1997年誕生)

・機能性低血糖症による摂食障害で仕事を休養(=16年)。

□岡井千聖(℃-ute)(1994年誕生)

・声帯結節の手術を受けた(=16年)

□仲川遥香(AKB48)(1992年誕生)

・デング熱、チフス、アメーバ赤痢にかかった事がある。

□神谷えりな(仮面女子)(1991年誕生)

・左目内斜視の手術を受けた(=16年)

 高校時代に発症。15年に最初の手術を受けたが症状が再発。

□渡利璃穏(レスリング選手)(1991年誕生)

・ホジキンリンパ腫(悪性リンパ腫の一種)と闘病中(=16.11現在)

□おかもとまり(1989年誕生)

・マイコプラズマ肺炎で入院(=16年)

□小林麻央(1982年誕生)

・14年秋から進行性の乳がんと闘病中(=16.11現在)。

 報道を受けて夫が記者会見で病状を「深刻な状況」と説明(16年6月9日)

 がんが肺や骨に転移している事をブログで発表(16年9月20日)

 QOLを向上させる為の手術を受けた事をブログで発表(16年10月1日)

 がんになって以降、鼻炎、冷え性、低体温の症状は以前より良くなった。

□劇団ひとり(1977年誕生) 

・人間ドックで肝臓の異常が発見されて約1ヵ月入院した事がある(肝硬変の手前だった)

□石川亜沙美(1977年誕生)

・子供の頃、アレルギー体質でアトピー性皮膚炎に悩まされ、小児喘息を患った。

□伊達みきお(1974年誕生)

・急性胃腸炎を患った(=16年)。

・尿路結石を患った事がある。

□木本武宏(1971年誕生)

・8年間やめていたタバコを吸った事がきっかけで急性好酸球性肺炎で入院(=12年)。

 医者に「あと1日遅かったら一生酸素ボンベが必要だった」と言われた。

 タバコを吸った数日後に症状が出た。

□シャーク土屋(プロレスラー)(1970年誕生)

・糖尿病で右膝から下を切断

・乳がんで右乳房を全摘出

有名人データベース PASONICA JPN

■病気

□東貴博(1969年誕生)

・睡眠時無呼吸症候群(マウスピースを付けて寝る=14.07現在)

□大黒摩季(1969年誕生)

・子宮疾患の治療の為に歌手活動を約6年間休止(=10年〜16年)。

 15年11月に受けた手術で持病の子宮腺筋症の根治の見通しが立った。

□渡辺美奈代(1969年誕生)

・卵巣嚢腫の腹腔鏡手術を受ける事をブログで公表(=16.11)。

□杉本彩(1968年誕生) 

・気管支炎でセキをしすぎて肋骨を骨折(=11年)。

・不整脈と貧血で緊急搬送された(=14年)。

・猫にひっかかれた傷から菌が入って胸の谷間にカビが生えた事がある。

□新田恵利(1968年誕生)

・脳動脈瘤の手術を受けた(=16年)。

 凄腕の担当医に「難しい手術でした」と言われた。

 13年に発見されてから脳ドックに通って経過観察をしていた。

□大竹一樹(1967年誕生)

・脚の筋膜炎で2日間入院(=16年)。

 医者に「菌が全身に回ったら最悪の場合には死ぬ可能性もある」と言われた。

□保阪尚希(1967年誕生)

・内臓破裂で腹膜炎になって8時間の緊急手術を受けた(=00年元旦)。

 2000年問題でたまたまその年は日本で年末年始を過ごしていた。

 1ヵ月の入院して体重が16㎏減った。

 腸閉塞を防ぐ為に1日2時間歩くリハビリを1年間続けた。

   この病気をきっかけに健康に気を使うようになった。

□堀ちえみ(1967年誕生) 

・重症の急性膵炎で約2ヵ月入院(10日間絶飲食=01年)

□高嶋政宏(1965年誕生) 

・左睾丸に水が溜まる病気にかかって手術を受けた(時期不詳)

□古村比呂(1965年誕生)

・顔面の皮膚炎(毛包虫性座瘡)に悩まされた(=14〜15年)。

・初期の子宮頸がんで子宮全摘手術を受けた(=12年)。

   子宮頸がん手術の後遺症の続発性リンパ浮腫と闘病中(左脚がむくんでいる=15.08現在)。

 症状改善の為にリンパドレナージュ+股関節ストレッチを受けている。

 免疫学、デトックス、呼吸法など身体に感する様々な本を読んで対処法を勉強した。

 リンパ浮腫の症状を改善する為にリンパ管を血管にバイパスする手術を受けた(=16年?)。

□洞口依子(1965年誕生)

・子宮頸がんを患って子宮全摘手術を受けた(=04年)。

 術後に排尿障害の合併症が残った。

 退院後に不安で過食になって体重が70㎏以上まで増えた。

□長与千種(1964年誕生)

・胆石症を患って胆のう全摘出手術を受けた(=16年)。

□南果歩(1964年誕生)

・初期乳がんの手術を受けた(=16年)。

 術後にホルモン療法(ハーセプチン治療)を行っている。

□宮崎哲弥(1962年誕生)

・尿路結石を患った(=16年)。

□六角精児(1962年誕生)

・中性脂肪、尿酸値の数値が非常に悪い(=11.07現在)。

・糖尿病の深刻な悪化を医師に告げられた(=16年)。

 悪化防止薬を服用。糖質カットの食生活を実行。

・高脂血症の悪化防止薬を服用している(=15.09現在)。

□IKKO(1962年誕生)

・30歳の時から数年間、仕事のストレスによるパニック障害を患った。

 パニック障害による呼吸困難と血圧上昇で入院した。

 夜になると症状が出て何度も緊急病院のお世話になった。

□小田かおる(1961年誕生)

・脳出血で倒れて入院中(左半身麻痺の後遺症が残っている=16.07現在)

□松原のぶえ(1961年誕生)

・腎不全を患って生体腎移植手術を受けた(弟が腎臓を提供=09年)。

 手術を受ける前は週3回人工透析を受けていた(厳しい食事制限があった)。

有名人データベース PASONICA JPN

■病気

□坂元亮介(阪本良介)(1959年誕生)

・食道がんの手術を受けた(=16年)

□柴田理恵(1959年誕生)

・白内障の手術を受けて近視が治った。

・声帯結節を患った事がある。

□陣内孝則(1958年誕生) 

・腹膜炎で倒れて救急車で運ばれて手術を受けて40日間入院(=04年)。

 高熱と胃けいれんを点滴でごまかして仕事を続けていて撮影中に倒れた。

□笑福亭笑瓶(1956年誕生)

・急性大動脈解離でゴルフ場からドクターヘリで緊急搬送された(=15年)。

□関根勤(1953年誕生)

・心臓の冠動脈疾患の予防的なカテーテル手術を受けた(=16年)。

 テレビ「サタデープラス」の企画の心臓ドッグ検診の診断に基づいて手術を受けた。

□キャシー中島(1952年誕生)

・顔面の皮膚がんの手術を受けた(=16年)。

・ヘバーデン結節(指の関節の病気)と闘病中(=15.04現在)。

□田中昌之(1951年誕生)

・狭心症を発病(=16年)

・ライブ中に心房細動を発病(半ば意識を失いながら歌った=15年)

・急性心筋梗塞で緊急搬送(=01年)

※1日2箱のヘビースモーカーだった

□志村けん(1950年誕生)

・肺炎で入院(舞台「志村魂」を中止=16年)

□内藤やす子(1950年誕生)

・ディナーショー中に脳内出血で倒れて緊急入院(=06年)。

 失語症、右半身の麻痺、記憶障害などの症状で約10年間自宅療養。

 11年頃まで自分が歌手だった事も記憶になかった。

□八代亜紀(1950年誕生) 

・メヌエル病で緊急入院(=91年)

・ポリープを手術(=87年)

□大竹まこと(1949年誕生)

・顔面神経麻痺を患った(2週間で治った=01年)。

   闘病中に「TVタックル」でビートたけしと顔面マヒナスターズと称した。

 後遺症で常に耳鳴りがする(いつの間にか気にならなくなった=16.11現在)。

□宮本輝(1947年誕生)

・結核を患って入院(=79年)。

・不安神経症を患っていた。

□桑原征平(1944年誕生)

・急性心筋梗塞を発症してカテーテルによる緊急手術を受けた(=16年)。

□渡瀬恒彦(1944年誕生)

・胆嚢がんの手術を受けて投薬治療中と報じられた(日刊スポーツ16年5月26日号)。

・脳梗塞を患って一時半身麻痺になった(=94年)。

□林家こん平(1943年誕生)

・糖尿病が悪化して左足の指を切除

・多発性硬化症を発症(=04年)

□砂川啓介(1937年誕生)

・尿管がんと闘病中(=16.11現在)。

・初期の胃がんの手術を受けた(=13年)。

□桂歌丸(1936年誕生)

・腰部脊柱管狭窄症の手術を受けた(=06年、08年)。

・肺気腫に伴う感染憎悪で10日間入院(=09年)。退院後に禁煙した。

□大山のぶ代(1933年誕生)

・認知症と闘病中(4年前に認知症と診断された、16年春に老人ホームに入所=16.11現在)。

・脳梗塞、直腸がんを患った。

凡例:16.01現在=2016年1月現在

関連項目:各種データ目次 怪我